アーティストプロデューサー : RAYCO

Featured Video Play Icon

「明日死んでも今日をやり切る」!!
Something from nothig
何も無いところから何かを得る

現在の活動内容は、アーティスト「Bryce Oliver」のレーベル契約に向けて忙しい毎日です。
そんなRAYCOさんとBryceさんに、契約目前をロサンジェルス(以下LA)で
直撃インタビューした貴重な内容です。

こうなりたい! と衝撃を受けたキッカケで10代の頃 LAへ居住。
師匠と呼ぶほどに影響を受けたのは、なんと大物有名人アーティストの「ICE-T」
そこで生き方を学んだそうです。

LAに渡り早20年
音楽の道を進みたいと願い、最初の2年間はずっとスタジオの門を叩きつづけたそうです。
誰もが出来る事ではありませんよね?
これが掴む為の術なのです。

そして、あの「Fedie Demarco」のロードマネージャーを始めます。
正直ビビるようなメンツばかりです。
なんて言っても、本場のギャングスター達ですよ!殺されたって文句言えない様な環境です。

正直なところ、「諦めずにここまで来れた事の根幹に師匠であるICE-Tの教えがあったと彼女は語る」
そうです!あの言葉。

「Something from nothing」
(全く何も無いところから何かを得る)

つまりは、精神です。

「フリーダム」
自由について彼女はこうも語っています。
やりたい事をやりたい時に出来る環境は、9時5時のサラリーマンではちょっと難しい。
自分の時間が大事で大切であると。

どうですか!如何にも今の時代にとって最も必要なことだと思いませんか?
好きなことを職として生きるのは、そんなに難しいことでしょうか?
お金は生きるための術であり、お金のために生きるべきではありません。
せっかくの人生という時間、どうせなら面白く生きよう!

日常生活において、理不尽な社会にストレスを感じている人が多いと言われています。
大抵、疲れている人ほど理不尽な要求や態度をするものです。
正直そんな人達は、「終わっています」。
そこからは何も得る事ができません。
もしかするとそうなっている自分にすら気づいてもいないのでは?
そんな死を待つだけのような人生でよいのでしょうか。
よい筈がありません。

撮影協力 : Bryce Oliver
材協力 : RAYCO